網を持ってガサガサをやろう [季節を遊ぼう!ゆる釣り部]

みなさん、釣りは好きですか? 釣りっていうと、いろいろな道具を揃えたり、仕掛け作りが難しかったりと、ちょっと面倒臭い遊びだと思われるかもしれない。実は私もそう思う。一匹でも多く釣るための張りつめた緊張感とかも大の苦手だ。
でも釣りっていうのは、それこそ魚の種類以上に釣り方があり、その中には気を張らないでできる“ゆるい釣り”もたくさんあるのだ。このコラムでは、そんな季節ごとのゆるい釣りとその周辺模様を紹介していきたいと思う。

text by 玉置 豊

網を持ってガサガサをやろう

秋川渓谷にて“あんま釣り”という、とてもとてもゆるい釣りを、プロカメラマン兼半ズボン愛好家の坂さんと1時間ばかりやって、そこそこの魚が釣れたなあというところで、坂さんが何も言わずに釣り竿を持って車に戻っていってしまった。あらあら私を置いて街へと帰ってしまうつもりか、なにか私が気に障ること(釣りをしている上流で立ちションとかしていませんよ)をしたかしらとハラハラしていたら、坂さんはニコニコしながら2本の網を持って戻ってきた。どうやら網を取りに行ってきただけらしい。網?

 
日本一半ズボンと網の組み合わせが似合う男。

坂さん曰く、あんま釣りは何時間も気合いを入れてやるような釣りではないので、次は“ガサガサ”をして遊びましょうとのこと。ガサガサとは、川に入って水草などの障害物のあたりに網を突っ込んで、文字通りガサガサとやって魚なんかを捕まえる遊びのこと。ガサ入れともいう。私も子供の頃、ガサガサという言い方はしなかったけれど散々やった遊びだ。

慣れた手つき、足つきで、水辺に生えた草の根本から生き物を追い出して網に入れていく坂さんの姿がとても生き生きしている。坂さんは二人の息子達とよくこのガサガサをしているらしいのだが、奥さんには子供達のガサガサに付き合うフリをして家を出るのだけれど、実は坂さん本人が子供達より熱心にガサガサをしているに3000点。ああ、ザリガニ(マッカチン)を両手に持った坂さんの姿が目に浮かぶぜ。

 
ガサガサをする姿が生き生きしている。

ガサガサをはじめてすぐ、坂さんがニコニコしながらなにやら獲物が入った網を持って近づいてきた。

「ほら、カジカガエル!」

あ、ありがとうございます。


カメラ目線のカエルちゃん。

久しぶりに触ったカエルは、ヌメヌメかつザラザラ、プリプリとしていて、これぞ両生類!という懐かしい感触。などと思いながらしげしげと眺めていたら、しっかり掴んでいたつもりのカエルが急に手から飛び出して顔に飛び込んできて本気でビックリした。秋川のカエルはなかなか根性があるらしい。

私も坂さんに負けてはいられないので、網を借りて一緒にガサガサすることにした。目指せ!アユ!イワナ!ウナギ!ライギョ!ビワコオオナマズ!

 
マムシがいないことを祈りながらのガサガサ。

童心に返って網を握りしめて、他人の目を気にせずにガサガサ。親が見たら泣くだろうか。

あんま釣りももちろんおもしろかったのだけれど、さらに幼稚というかシンプルなこの遊び、理屈抜きにやっぱり楽しい。釣りをやっていては絶対に採れないような生き物たちが次々に網に入るので、脳内に変な物質がどんどん分泌されていきハイテンションになっていく。

 
怪しげなでかいヤゴ。

 
卵を抱いたエビ。エビってザリガニより格上だよね。

ヤゴ、エビ、オタマジャクシ、小魚、カエル、アメンボなどの小さな獲物を次々と捕獲していき、ガサガサ絶好調となったところで網に待望の大物が入った。なんとまさかのアユだ。ガサガサでアユが採れるなんて、さすが秋川。これは塩焼きにしなくては。


大型のアユゲット。しかし…

「とったどー!」とテレビの影響丸出しの叫び声をあげて坂さんの目の前に突き出したのだが、坂さんの満面の笑みがすぐに曇り、

「それ、死んでいるよ。」

との悲しい現実を私に告げた。ガーン。

よくみれば確かに私が捕まえたアユは死後数日の状態で、食べたら間違いなく腹をこわすレベルの腐敗をしている。でも食べようかな。いや、冷静になれ自分。

死んだアユを手に呆然とする私を横目に、今度は坂さんが自慢げに腕を突き出してきた。

「ほら、オニヤンマ!」


オニヤンマ!

どうやらガサガサだけでは物足りなかったらしく、いつのまにか陸上の生き物にまで手を出していたらしい。さすがは“目の前にいる生き物はすべて捕まえなければ気が済まない男”だけのことはある。と、勝手に肩書きをつけて納得しておく。


トンボって肩の筋肉がカッコイイよね。

そんな感じでガサガサ、久しぶりにやったらすごい楽しくて、結構燃えてしまった。私は埼玉の平野で生まれ育ったので、同じガサガサでもこういう山寄りの川でやると生態系がまったく違うために採れる生き物が違うのでいちいち楽しい。どうにかして子供の頃の自分をこの川に連れてきてあげたいくらいだ。きっと捕まえたアユが死んでいて、心底ガッカリすることだろう。

さて、あんま釣りにガサガサと、ゆるい川遊びをたっぷりと堪能したらお腹が減ったので食事にしよう。食べるものはもちろんアレだ。アレ。アレアレアレ。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

misaki

秋川であんま釣りってやっていい釣法なんですか?
by misaki (2007-09-26 05:26) 

So-net季節情報

misakiさん、コメントありがとうございます。
秋川渓谷でのあんま釣りは、禁止事項には入っていないようです。
これからもいろいろな釣りをご紹介していきますので、お楽しみに!
by So-net季節情報 (2007-10-05 15:29) 

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。