相模湖でワカサギ釣り その2 [季節を遊ぼう!ゆる釣り部]

みなさん、釣りは好きですか? 釣りっていうと、いろいろな道具を揃えたり、仕掛け作りが難しかったりと、ちょっと面倒臭い遊びだと思われるかもしれない。実は私もそう思う。一匹でも多く釣るための張りつめた緊張感とかも大の苦手だ。
でも釣りっていうのは、それこそ魚の種類以上に釣り方があり、その中には気を張らないでできる“ゆるい釣り”もたくさんあるのだ。このコラムでは、そんな季節ごとのゆるい釣りとその周辺模様を紹介していきたいと思う。

text by 玉置 豊

ちょっと場所を変えよう

相模湖のワカサギボート釣り、最初に釣りはじめた場所はちょっと魚影が薄いということでポイントを移動することにした。今日はボートがエンジン付きなので、気楽にポイント移動ができるのがうれしいね。手漕ぎボートだと移動がなかなか億劫で、釣れないポイントで釣り続けることになりがちだもの。特に私の場合、自分がボートを漕ぐ立場だったらまず動かないね。あ、だから体脂肪率が増えるのか。


エンジン付きならポイント移動はカッパの川流れ…じゃなくて屁のカッパ。

次にやってきたポイントは、「馬の背」と呼ばれるポイント。坂さん曰く、ここは岬が水中に張り出していて、その両側が急なカケアガリになっていて魚が集まりやすいとの事。とりあえずここで釣れているかどうか先客のボートの様子をうかがおうと思ったのだが、なんだかみんな釣り方が変わっている。一艘のボートから竿が8本くらいでていて、どの竿もとても長い。私の知っているワカサギ釣りとは全然違う釣りのようだ。もしかしたらワカサギ狙いではなく、カツオの一本釣りでもしているのではなかろうか。


足の長いクモみたいなボート。

ここではみんなその釣り方。


これが相模湖のスタンダード

坂さんによると、あの釣り方が本来相模湖でのスタンダードな釣り方で、仕掛けは10本針を2つ繋げた20本針とかを使うらしい。そのためにあのワカサギ釣りとは思えない長竿が必要なのだそうだ。所変われば釣り変わる。

この釣り方のメリットは仕掛けが長い分、タナを広く探れるのでワカサギの遊泳層が変わっても対応できる点。見ていたら一番上と一番下の針に魚が掛かったりしていた。今日のように水温が高くてワカサギが固まっていないときには有効か。

デメリットはエサ付けとか掛かった魚をはずすのが面倒なのと、最初のセッティングが面倒な点かな。私みたいに整理整頓が苦手なタイプには向かない釣り方かも。一発で仕掛けを絡ませる自信があるぜ。

ボート上のおっちゃんに状況を聞いてみたら、「さっきまで調子よかったけれど、群れがどっかいっちゃった」とのこと。一応我々もやってみたらつぶらな瞳のハゼっぽい魚(ヌマチチブかな)しか釣れなかったので、「ボート釣りでハゼって江戸川かよ!」と突っ込んでリリース。


「群れはどっかいっちゃったー」だって。

今日の初外道。


この場所で群れがまた廻ってくるのを待っていてもいいけれど、我々の釣り道具だとここではちょっと場違いな感じもするので、また場所移動をすることにした。

さらに場所移動

本日の船長である坂さんに、「今度の場所は絶対釣れる!」といわれてやってきた場所は、一番最初に通り過ぎた手漕ぎボート客がいっぱいいるところだった。どうやら船長は「俺だけのポイント」を諦めたらしい。

私はそんなにワカサギが釣れなくても今日はエンジン付きボート乗ったり紅葉みたりUFOみたり(ウソ)で十分楽しいのだが、坂さんの家では奥さんと2人の子供がお腹を空かせてワカサギが届くのを待っているので、もっとたくさん釣らなくては家に帰れない。ここは小さなコトにこだわっている場合ではない、大事なのはワカサギをたくさん釣ることなのだ。と、勝手に坂さんの心境を想像。


先客の邪魔にならないようにこっそりと近づく。

ポイントについて、本当にここで釣れるのかちょっと様子を見ていると、今までの我々の調子からしたら考えられないような釣れ方をしている。ワカサギが鯉のぼり状態で釣れているではないか。


整列する手漕ぎボート。

なんだかすごい釣れている。


これは期待が持てる。さっそく我々もこのポイントから少し離れたところで釣りをさせてもらうことにした。

このポイント、すごい

新ポイントでの一投目、魚探を見ながらタナをあわせているとさっそく竿先からビンビンと魚信が伝わってきた。巻き上げるといきなり二匹掛かっている。


おおお。

すごいよこの場所。さすがにボートが集まっている場所だけあって、絶え間なくワカサギが釣れる。一本の竿の魚をはずしている間に、もう一本の竿に魚が掛かってしまうような状態だ。こんなに釣れるワカサギ釣りは今シーズン初である。って今日が今シーズン初のワカサギ釣りだけど。もうアドレナリンが脳内から出放題だ。私はパチンコをしないのだけれど、きっとフィーバーってこんな感じなのかな。


ちょっと背景と保護色になっている坂さん。

ワカサギネックレス。


釣れる数も順調だけれど、サイズもまたいい。さっきまでは小指サイズしか釣れなかったが、ここでは人差し指サイズの「二年物」と呼ばれるワカサギが混ざるようになった。この大きさならシシャモみたいに塩焼きにしてもうまそうだ。


このくらい大きいと嬉しいね。

魚を前に突き出して遠近感をごまかせばさらに大きく見える。


最初から素直にこの場所でやっていたらよかったという話もあるが、いろいろな場所を自力で廻ってからの入れ食いっていうのがまたいいのだ。苦労してこそ価値がある。幸せの白いワカサギは近くにいたんだね、みたいな。

いやあ、釣りってやっぱり釣れると楽しいね。


7本針に6匹が最高だった。惜しい!

釣り終了

お昼過ぎ、まだまだ時間はたっぷりとあるけれど、もう十分に今日の夕飯分くらいは釣ったので早々に釣り終了。何匹釣れたかは数えていないけれど、だいたい200匹くらいかな。

今日はワカサギも釣れたし、紅葉も綺麗だし、途中で上着を脱ぐほど天気も良かったし、100点満点の釣りでした。サンキュー坂さん。


指にワカサギのウロコがびっしり。

本日の釣果。


さて、いまからすぐに家に帰ってもいいんだけれど、まだちょっと遊び足りない気もする。さっきから坂さんがボートを楽しそうに運転しているのを見ていて、私も船舶免許所持者としてちょっと運転してみたいなと思っていたんだよね。

せっかくだから、ちょっとボートの運転をさせてもらってから帰ろうかな。

つづく


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。