江戸川でボートハゼ釣り その2 [季節を遊ぼう!ゆる釣り部]

みなさん、釣りは好きですか? 釣りっていうと、いろいろな道具を揃えたり、仕掛け作りが難しかったりと、ちょっと面倒臭い遊びだと思われるかもしれない。実は私もそう思う。一匹でも多く釣るための張りつめた緊張感とかも大の苦手だ。
でも釣りっていうのは、それこそ魚の種類以上に釣り方があり、その中には気を張らないでできる“ゆるい釣り”もたくさんあるのだ。このコラムでは、そんな季節ごとのゆるい釣りとその周辺模様を紹介していきたいと思う。

text by 玉置 豊

さあ、ハゼを釣ろう

ハゼ釣りの仕掛けが準備できたら早速釣り開始だ。

ちょっと混んだ防波堤釣りなんかだと、隣の釣り人が投げた糸と絡んだりすると面倒なので一応狙いを定めて仕掛けを投げ込むのだが(狙い通りにいくかは置いておいて)、ボート釣りだと近くに人がいないので360度どこに投げても問題なし。絡むとしたら自分か同船の友人のみなので、仕掛けを投げるという行為がほとんど初めてのエドガーさんでも大丈夫。ここがボート釣りのいいところ。

竿は毎回使っている阪神竿と、友人からもらった年代物のボートワカサギ用というマニアックな竿を一本づつ使用。どっちもなぜか二本ずつ持っている。ハゼは小さい魚なので、竿は細くて短めのものがアタリがわかりやすいし、釣っても竿がしなっておもしろいのだ。

釣りは何回やっても一投目にドキドキする。リールのベイルを返して人差し指で糸を押さえ、エドガーさんを引っかけないように注意しながら、適当な方角を目指して仕掛けをトリャーっと投げ込む。

ボチャン。

失敗した。人差し指を糸から放すタイミングを間違え、仕掛けは僅か2メートル先に落ちていった。


今日も使います、阪神竿。

ボートワカサギ用。赤くてかっこいい。


でもボート釣りなら投げるの失敗しても周りの釣り人に見られないので恥ずかしくないぜ。ここもボート釣りのいいところ。

いきなりハゼが釣れた

とりあえず投げるのを失敗した竿は置いておいてもう一本の竿を用意していると、置いておいた竿の先がもうビクビクいっている。仕掛けを投げてから僅か30秒もしていないというのに、もう釣れてしまったのだろうか。いやまさか、私に限ってそんなバカなと自分を疑いながら竿を手に持ちリールを巻くと、確かになにかが掛かっている感じがする。ほどなくして仕掛けが水面まであがってきた。


おお、なにか釣れている。

一投目に早速食いついてきたのは本命のハゼだった。それもなかなかのサイズである。こんなに簡単に本命が釣れたのは子供の頃のザリガニ釣り以来だ。


一投目からハゼが釣れた!

朝日に透けるスケルトンボディがカッコイイ。スケルトン、透けとるん。

ハゼ、入れ食い

一匹目のハゼが釣れてワーイワーイと写真を撮って喜んでいたら、エドガーさんが勝ち誇ったような顔で(といっても帽子日除け、マスクで顔がほとんど見えないが)、ハゼを2匹ぶら下げている。いきなりダブルで釣れたそうだ。


露出の少ない顔で喜ぶエドガーさん。

ボートを止めた場所がよかったのか、日頃釣れない分の反動がここできたのか、その後も仕掛けを入れれば一分以内にアタリがある入れ食い状態で、ポンポンとハゼが景気よく釣れまくる。前回苦戦したのと同じ魚とは思えない気前のいい釣れっぷりである。


置き竿にしておくとダブルでよく釣れる。

これはあれか、最近話題の「死亡フラグ」というやつか。いや、そんなことはない。と、信じたい。

ハゼのサイズもでかい

釣れるハゼは数も多いがサイズも大きい。どれも10センチオーバーでたまに15センチを越える大型も釣れてくる。「おお、大きいのが釣れた!」と喜んでいると、すぐにそれよりもさらに大きいサイズが釣れるので、どれだけ釣っても全然飽きない。


手のひらに余る大きさ。

腰つきがセクシー。



ハゼは胸びれがかわいいのだ。

オールを上げておくと、迎えの船が来てくれるシステム。


このくらいの大きさだったら、天ぷらはもちろん刺身でもいける。ハゼの刺身はスーパーなんかじゃ売っていないけれど、甘みがある白身でとても美味しい。これは釣り人しか食べられない逸品なのだ。

超大物ゲット!

ハゼを何匹も続けて釣っていると、引きの強さで掛かったハゼの大きさと数がだいたいわかってくる。「この引きだったら小型一匹だな」とか「大型と中型のダブルだな」とか。

橋の真下を狙って仕掛けを投げ込んでいると、今までにない大きなアタリがきた。竿を軽く立ててリールを巻くと、重い。ハゼ釣りであり得ない重さにペナペナのワカサギ竿が景気よく曲がっている。

これは大物に違いないと大騒ぎして釣り上げたのは、確かに大物のハゼだった。しかし、見た目が微妙に今まで釣ったマハゼと違う。ハゼはただでさえ頭が大きい魚なのだが、こいつはそれに輪を掛けて頭デッカチ。そして悪人面。なんだか骨格も立派である。


大物が釣れた。けどマハゼじゃないね。

悪人面。でも根はやさしいはず。


せっかく釣れたので持って帰って食べてみようかと思ったけれど、万が一、身に毒があったり、実は天然記念物だったりするとやっかいなのでリリース。正体がわからないものは食べないというのが、きのこ狩りの鉄則なのだ。

今日の外道王

このように釣りといえば外道がつきもの。外道というのは狙っている魚(今日だったらハゼ)以外に釣れた魚をいうのだが、この「外道になにが釣れるのか」というのが釣りの楽しみだったりする。

別に本命が釣れた数を数えて競うような競技的な釣りがしたい訳ではないので、本命よりも外道がいろいろ釣れた方が楽しかったりする。ハゼ釣りだったらカレイやスズキの子供、あるいは釣れたハゼにマゴチなんかが食いついてくるかも知れない。テレビゲームなんかのように人がプログラミングした世界の出来事ではないので、何が起こっても不思議がないのだ。

私は普段からサメやアカエイなどの無駄な大物を数多く釣り、友人達から外道王と呼ばれているのだが、この日はエドガーさんが外道王だった。

まず釣ったのが、水深4メートルの深場からあがってきたアオイソメを挟んで放さないカニ。

そしてガチッと針がかりした貝。

蟹はまあいいとして、貝って。しかも生きた貝だ。


なかなかエサを放さないカニ。

貝って釣れるんだね。


「貝が釣れて快調(貝釣)!」とダジャレを飛ばすエドガーさんに対し、貝のように口を閉じる私。

そんなエドガーさん、普通アタリがあっても魚が針に掛からない場合、「ちくしょう、逃げられた!」とか「残念、食わなかったか!」とかの加害者側の失敗報告をするのだが、エドガーさんの場合は「騙された!ひどーい!」と被害者側の報告としてくるのが気になる。釣り人よりも魚が主体の釣りらしい。

ボートの上の穏やかな一日

朝の早い時間に吹いていた冷たい風もすっかり収まり、上着を脱ぎたくなるほどに太陽の光りが温かい。雲一つない空の下、ぼーっと釣り糸をたれてハゼと戯れる。釣り続ければいくらでも釣れそうな陽気だったけれど、エサのアオイソメが無くなりそうなので、そろそろ終了することにした。

当初、冗談半分に「目標百匹!」といっていたのだが、クーラーボックスを覗くとそれを達成しているように見えるハゼの山。わざわざ数えるのも面倒なので数えなかったけれど、エドガーさんが「こんなに釣ったんだから数えなくたってきっと優勝だよ!」といっているからいいか。なんの優勝なのかよくわかんないけれど。まあ初のハゼボート釣りを楽しめたから、きっと優勝なんだろう。


エサが完全に無くなるまでやめようとしない人。

本当にいい天気でした。



数えるのが面倒な量のハゼ。きっと優勝。

白いオールを上げて終了。


12時前、エサを全部使い切ったところで、白旗ならぬ白いオールを上げて今日の釣り終了。迎えに来てくれたボート屋の船に乗って、ずっしりとハゼで重くなったクーラーボックスと共に桟橋へと戻った。


にゃんにゃん。

ごろごろ。



こらこらこら。

帽子で爪を研ぐんじゃない。


ハゼを天ぷらと刺身でいただく

二人で釣った大量のハゼは、エドガーさんと分けてもまだ大量。とりあえずは本日の夕飯に天ぷら、刺身にしていただいた。何度食べてもハゼの天ぷらはサクサクホクホクしていておいしい。刺身はけっこう身に甘みがあってポン酢があう感じ。作るのがちょっと面倒だけれど、手間を掛けるだけの味わいがある。


ハゼとレンコンの天ぷら。レンコンってうまい。

ハゼの刺身。ポン酢でいただく。


釣りたてのハゼはどう料理してもとても美味しい。しかし、イルカかペンギンでも飼っていればよかったが亀しか飼っていない一人暮らしでは食べきれる量ではない。そこで前から一度つくってみたかったお正月に向けた保存食をつくることにした。

この話はまた後ほど。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

トラックバック 0